©Otoholic all rights reserved.​

オトホリック ホームページ 代官山NOMAD 

 

 

セブンスター

下駄箱の上に小さなカギ

これがあるとあなたが来ていて

拾ってきた大きなソファーに

重なって流れた日々

 

薄汚れた白いテーブル

酔わないと笑えないといって

安いビールの空き缶

二つほど転がっていた

 

青く吸い込まれてく憂鬱の日々

ひとつきれてる電球に消える

薄暗く青く狭い部屋には

蛍みたいに光る白いセブンスター



今でも想いが強い場所

桜木町の駅の噴水で

ベンチに大きなあなたの背中

今でも期待してしまう

 

借りっぱなしのビデオ

つまらないラブストーリーを笑って

遠い未来のお話と

しまいこんでいたよね

 

ただの大学ノートにありがとうと

汚い字で書いてある置手紙

夕日が差し込む狭い部屋には

灰に埋もれて光る白いセブンスター