©Otoholic all rights reserved.​

オトホリック ホームページ 代官山NOMAD 

hereafter to come along

1946年 平凡な家庭に生まれて  若かった母親を覚えてい

 

 

唐突に始まった話は  何もわからず過ぎていく

 

 

1951年 友達もそれなりに出来て  寝る前一日を思い出して

 

移り行く季節を   新しいこと指折り数えて

 

 

だいだい色の  染まる夕日に  伸びる自分の影

コントラストが  綺麗だった   ただの独り言です

 

 

 

人並みに 重ねた月日を  ララライララライララライ  忘れていく  hereafter to come along

その度に 置き忘れとしても ララライララライララライララライ  hereafter to come along

 

 

 

1966年 今でもはっきり覚えている  あの頃は全て生き生きしてて

 

 

僕は排気ガスにまみれ 一人街を出て恋をして

 

 

1966年    流行ったカッコに着替えて  出たばかりのコカ・コーラを飲み

 

 

1960年代   誰もが通る淡い想いをした

 

 

一緒にみたヘンリーミルズも  NINA‘sのコーヒーも     流れてたジョージ・ガールも

灰皿のハイライトも    どうでもいいけんかも    今だ色あせずに

 

 

 

人並みに 邪に生きても   ララライララライララライ  変わらずに  hereafter to come along

左手が 押さえてるページが ララライララライララライララライ  増えていく  hereafter to come along

 

ああ そういやそんな事もあったよな ああ ホントいろんな事があったな

ああ 何であんなこと言ったかな ああ つい話し込んじゃってこんな時間だ

 

 


人並みに 重ねた月日は  ララライララライララライ  戻れない  hereafter to come along

その度に 置き忘れた気がしても ララライララライララライ  hereafter to come along