©Otoholic all rights reserved.​

オトホリック ホームページ 代官山NOMAD 

ハッピーエンド

珍しく休みに早く起きちゃって テレビをつけたら
忘れてた日曜日の朝ってヒーローものがやってたんだよな


さわやかな価値観 ぶつけても  見てるだけなら楽しいんだ
ほら いつも同じパターンでで物語は終わってゆく




僕はヒーローって感じじゃない  特にひいでたアドバンテージもない
ローリスクで安心したいから早く何かで守ってよお偉いさん


だけどワールドイズマインって言葉も   この世界にはあるみたいで
背丈に合った幸せを見つけるために  まずは風邪を治そうと思うんだ

 

きっと今は 必要不可欠な プロローグだと思ってる
だから僕は 信じ続けている おとずれるはずのハッピーエンド

 

 


一通り経験したレディーファースト  ただ取り残されてしまったヒロイン
縦にも横にもナナメに考えても  結末は分からない


きっとなんかいい予感 しないから 用意された結末を見に行くの
一人ってバレたくないからレイトショー

 

強くなりたかったわけじゃなくて  早く大人になりたかっただけ
でも狼に食べられちゃう  赤ずきんぐらいになりたかった


白雪姫みたいに果報は   寝てちゃ来ないって言いたいの

ひねくれ者と呼ばないで  これは現実的と言ってよ

 

 

 

だから今は 必要不可欠な プロローグだと思ってる
だから私は 信じ続けている 綺麗に終わるハッピーエンド

 

 

 

笑うのもすさむのも  なじるのも信じるのも 離れて忘れるのも
気づいて悔いるのも  選ぶのも諦めるのも  繋がり広がって