©Otoholic all rights reserved.​

オトホリック ホームページ 代官山NOMAD 

ネオンの種

若気の悲しい好奇心で

正しさへの裏切りがしたくて

 

街のネオンへの憧れを


ひたすら強めていた


聖なる夜に人は今日という日を

 

ただの明かりに感謝している


いつもならそのただの明かりは

 

街の淋しさ伝えるだけなのに

 

 

時に捉え方は違う産物は


たったひとつの頼れる夢の

 

妥協になりうる種になる


悲しい大人への階段



遠くへ行くほど薄くなる

青い明かりが涙でぼやけ

 

大人への悲しい階段を

上らないと決意した

朝のカラスとゴミの山で

 

ただの道さえみえなくなる

欲が浮く街の空気は

 

季節の香りさえ許さない

 

遠い日々の自分が夢中で


憧れつづけたネオンの下

 

生まれた街に裏切られ


儚い夢さえ濁らせる


時に捉え方が違う産物

 

たったひとつの頼れる
夢の


妥協になりうる種になる

 

悲しい大人への階段