©Otoholic all rights reserved.​

オトホリック ホームページ 代官山NOMAD 

HOUSE

夏の終わりのにおいの

空の下いつも思い出す

 

まだ小さな頃を


空の下いつも思い出す

 

年の離れた


兄ちゃんと喧嘩するたび

 

泣かされ  二段ベットの下で


大声で泣いてたHOUSE



少し破いた障子を


開けて出た広い庭の中


同い年の犬が


大人しく人を待っていた


人を噛まずに

 

好き嫌いもしない  ないから


「おりこうだね」

 

「おりこうさんだね」って


みんなで笑ってたHOUSE

 

二階の奥の部屋から


出してきた大きなクリスマスツリー

 

ロウで出来たサンタクロース


テーブルの隅で火をつけ

 

曲が流れた


ジングルベルが流れた

 

闇の中  火を消した


目がしみていたかったっけ



モヤのようで


ホコリくさい記憶は


消えない  消えはしない  


残った蛍火

 

もうない 

 アスファルトの下で


オヤスミ大きなHOUSE